レンタン・マメタンについてよくある質問

お客様からよくいただく声を、よくある質問としてまとめました。ぜひご覧ください。

よくある質問

Q1 豆炭とスーパーマメタンは何が違うのですか。
A1

着火剤がコーティングされているか否かの違いになります。
豆炭より着火しやすいものがスーパーマメタンで、マッチ等で簡単に着火ができます。

Q2 豆炭、スーパーマメタンにはそれぞれ何個ずつ入っていますか。
A2

豆炭(12kg)には約240個/袋、スーパーマメタン(1.5kg)には30個/袋が入っております。

Q3 煉炭は何時間ぐらい燃焼するのですか。
A3

上付けコンロをご使用の場合、空気口半開で12~14時間、空気口全開で6~7時間となっております。

  • ※燃焼時間は目安であり、使用状況や煉炭の種類等により若干異なることがございます。
Q4 豆炭、煉炭(マッチ煉炭)の成分を教えて下さい。
A4

豆炭:主原料石炭(洛陽炭・ホンゲー炭)と副原料の素灰(木炭粉)・消石灰・ベントナイト等を均一に混合し練って成型させたものです。
煉炭(マッチ煉炭):主原料石炭(洛陽炭・ホンゲー炭)と副原料の消石灰・ベントナイト等を均一に混合し練って成型させた本体部と、着火部(点火剤・着火剤)の3層からなります。

Q5 煉炭、豆炭の処分方法を教えて下さい。
A5

お住まいの市町村に確認の上、条例に従い処分して下さい。

Q6 灰は庭等にまいたり、植物の肥料にしても大丈夫ですか。
A6

灰の粒子はとても細かいため、植物が根づまりをおこしたり、植物の体を傷める恐れがあります。
また粘着性の強いバインダー(接着剤)の成分が残るため、土を固める可能性もありますので、庭にまいたり植物の肥料にすることはおやめ下さい。

Q7 煉炭や豆炭はどこで購入できますか。
A7

お近くのホームセンターや燃料店等で購入できます。
ただし、在庫がない場合や取扱いがない場合もありますので、事前にホームセンターや燃料店にお問合せいただくことをおすすめいたします。

Q8 保存方法を教えて下さい。
A8

煉炭・豆炭ともに湿気を吸いやすいため、湿気のない室内等で、周囲に臭気を発するものがない場所に保存して下さい。また軒下やベランダには置かないで下さい。

Q9 途中で火を消したい場合の方法について教えて下さい。
A9

途中で火を消す場合は水をかけて下さい。(基本的には自然消火として下さい。)
この場合、再利用できませんので予めご了承下さい。
なお、上つけコンロ等煉炭コンロは水に弱いため十分お気をつけ下さい。

Q10 車中で使用しても大丈夫ですか。
A10

車中や換気ができない狭い部屋等、密閉された場所でのご使用はおやめ下さい。
一酸化炭素中毒で死に至る恐れがあります。

Q11 換気はどの程度の間隔ですれば良いですか。
A11

目安として、1時間に2~3回程度換気して下さい。
一酸化炭素は無臭です。ご使用の際は必ず定期的に換気を行って下さい。

Q12 豆炭アンカに使用している岩綿(ロックウール)はアスベストなのですか。
A12

ロックウールはアスベストではございません。
アスベストとは異なり、人工の鉱物繊維で人体には影響はありませんので、安心してお使い下さい。

Q13 豆炭アンカのロックウールの交換時期はどれぐらいですか。
A13

ロックウールは消耗品となりますのでお使いの頻度によって異なりますが、目安として3年程度で交換して下さい。
交換の際は、片面にロックウールセットが1箱必要となりますので、両面で2箱必要となります。

Q14 こたつセットと燃焼器セットについて、それぞれのセット内容を教えて下さい。
A14

こたつセットには保護網、反射板、アルミ箔、ハードボード、燃焼器、取っ手、火ばさみ、豆炭火起こし、木ネジ(12本)、釘(4本)が梱包されています。
燃焼器セットには保護網、反射板、アルミ箔、燃焼器、取っ手、火ばさみ、木ネジ(4本)が梱包されています。

Q15 保護アミの寸法を教えて下さい。
A15

巾 約25×25×高さ13.5cmです。

Q16 豆炭コタツのグラスマットの交換時期はどれぐらいですか。
A16

グラスマットは消耗品となりますので、お使いの頻度によって異なりますが、目安として1~2年程度で交換して下さい。
また片面に1枚必要となりますので、両面を交換する場合は2枚必要となります。

Q17 ミツウロコ豆炭こたつに天板は梱包されていますか。
A17

天板は梱包されていません。生産、販売もしておりません。

Q18 燃焼器セットとこたつセットは何が違うのですか。
A18

燃焼器セット(反射板の大きさ約28cm×28cm)はミツウロコ豆炭コタツのやぐら用、こたつセット(同約34cm×34cm)は他社製こたつのやぐらに取付が可能なものとなっております。また反射板の大きさ、くぎ穴の数、梱包内容が違います。

Q19 ミツウロコの豆炭コタツには700Kと900Kがありますが、何が違うのですか。
A19

巾の大きさが異なります。
また脚の長さは30.7cm(プラスチック部分からネジ含まず)(2012年製)となります。