沿革

平成以降

1989年(平成1年) リフレッシュ休暇制度導入(4月)
1990年(平成2年) 双方向監視システム「ニューGas-VAN」完成(7月)
秋田ホームガス(株)[現・秋田ミツウロコ(株)]設立(9月)
1991年(平成3年)

VIP大島マンション(賃貸)完成(1月)
バーコードシステムによるコンピュータ連動の自動充填システム「BCー100」導入(3月)

当社24番目の賃貸物件「VIP大島」が完成(H3.1)
1993年(平成5年) 地域小売会社をミツウロコガスに商号変更(4月)
地域流通会社をミツウロコ流通に商号変更(7月)
1994年(平成6年) サラダガス戦略の展開・八王子(9月)、成田(10月)にサラダガスを設立
1995年(平成7年) 秋田南営業所(現・秋田支店)新設(7月)
1996年(平成8年)

セーフティサラダ(株)設立(4月)
軽井沢保養所完成(7月)
中国・天津市に合作でLPガス容器検査会社〈天津三鱗鋼瓶技術検測有限公司〉を設立(10月)

中国天津市に設立された「天津三鱗鋼瓶技術検測有限公司」(H8.10)
1997年(平成9年)

各地のミツウロコ流通とミツウロコガスを合併し、地域サービス会社設立(4月)
東北ヨーケン(株)設立(5月)
ミツウロコ千葉ターミナル5,000灯油タンク完成(7月)

ミツウロコ千葉ターミナルに完成した5,000KLタンク(H9.7.10)
1998年(平成10年) 民生用バルク供給システム稼動開始(4月)
ミツウロコ青森ターミナル2,000灯油タンク完成(6月)
群馬東営業所、ミツウロコ技術研修センター(群馬県伊勢崎市)完成(10月)
ミツウロコ名古屋ターミナル4,000灯油タンク完成(11月)
ゼネラル石油・エッソ石油から小売部門を譲り受け、大阪・奈良へ進出(12月)
1999年(平成11年)

神奈川・平塚にエコ・ステーションオープン(2月)
バルク充てん作業者養成施設としてミツウロコ技術研修センター(群馬県伊勢崎市)認定(2月)

業務と物流の効率化を目指し、福島に新充填所が建設(H11.11)
2000年(平成12年) 関西事業部新拠点オープン(3月)
エムアンドディーグリーンエネルギー(株)設立(3月)
インターネットショップ「萬屋サラダ」オープン(5月)
ホームサービスSaladオープン(11月)
2001年(平成13年) バルク充てん作業者養成施設としてミツウロコ大阪技術研修センター(大阪府堺市)認定(2月)
武蔵地区で物流共同会社・武蔵エナジックセンター(株)設立(4月)
エムアンドディーグリーンエネルギー・天塩風力発電所完成(10月)
MGT-LPガス高圧供給システム「Eco-MAPS」完成(10月)
2002年(平成14年)

神奈川県で物流共同会社・(株)神奈川エナジック設立(3月)
茨城県で物流共同会社・(株)茨城エナジック設立(3月)
三協ミツウロコ(株)を設立し、和歌山へ進出(5月)
エムアンドディーグリーンエネルギー・飯岡風力発電所完成(6月)
府中市に府中エコ・ステーションオープン(11月)

天塩風力発電所に続き、2か所目の発電所となる「飯岡風力発電所」(H14.6)
2003年(平成15年)

サンビレッジNARA、サンビレッジ足利、ハイネス本宮、賃貸3物件が完成(2月)
バナジウム63天然水「富士の宝物」の販売を開始(8月)
名古屋市に中川運河エコ・ステーションオープン(11月)

生活サービス関連の新事業としてバナジウム63天然水「富士の宝物」の販売開始(H15.8)
2004年(平成16年) 千葉市に千葉北エコ・ステーションオープン(3月)
アーバンフォート横浜(賃貸)完成(3月)
ミツウロコグループ中期経営計画を策定(4月)
(株)エネアージ設立(4月)
クエストパワー(株)設立(6月)
アクアプラザ江東オープン(7月)
(株)米沢産業がミツウロコグループへ・北陸へ進出(8月)
2005年(平成17年) 熊谷市に熊谷エコ・ステーションオープン(3月)
松本ミツウロコ(株)設立(5月)
2006年(平成18年) 本社事務所移転(千代田区外神田四丁目14番1号)(2月)
さいたま市に大宮エコ・ステーションオープン(3月)
横浜市に横浜エコ・ステーションオープン(3月)
アーバンフォート住吉完成(3月)
「エルスクエアプロジェクト」に参加(8月)
2007年(平成19年) エムアンドディーグリーンエネルギー・久美原風力発電所完成(2月)
エムアンドディーグリーンエネルギー・細谷風力発電所完成(2月)
エムアンドディーグリーンエネルギー・的山大島風力発電所完成(3月)
2009年(平成21年)

HAMABOWL EASオープン(3月)

HAMABOWL EASオープン(H21.3)
2010年(平成22年)

富士清水山中湖工場完成(3月)
物流部門を集約しロジトライ関東(株)、ロジトライ東北(株)誕生(4月)
M&Dグリーンエネルギーが特定規模電気事業者として電力小売業へ(5月)
都市型小売店鋪「エコイス」1号店オープン(11月)

富士清水 山中湖工場 移動開始(H22.3)
2011年(平成23年)

グループ初のバイオマス発電所「岩国ウッドパワー」取得(1月)
会社分割による持ち株会社制移行により、株式会社ミツウロコグループホールディングスへ商号変更し、エネルギー事業と不動産・アミューズメント事業を子会社へ承継。
(新)株式会社ミツウロコ、株式会社トライフォース誕生(10月)

2012年(平成24年)

メガソーラー事業への参画(10月)
ハマボールリニューアルオープン(12月)

2013年(平成25年)

本社移転(中央区京橋3-1-1)(10月)

2014年(平成26年)

水郷潮来ソーラー発電所運転開始(2月)
富津ソーラー発電所運転開始(7月)
中古車買取店併設型サービスステーション営業開始(10月)
カールスジュニアジャパン(株)設立(12月)

2015年(平成27年)

(株)ミツウロココーポレーション設立(4月)
物流部門を集約し、ロジトライグループ成立(4月)
神原ミツウロコ(株)設立、四国へ進出(8月)

2018年(平成30年)

会社分割により、株式会社ミツウロコのエネルギー卸売事業部門を株式会社ミツウロコヴェッセル、株式会社ミツウロコヴェッセル東北、株式会社ミツウロコヴェッセル中部、株式会社ミツウロコヴェッセル関西へ承継。(10月)

株式会社トライフォースを吸収合併。(10月)

お問合せ・ご相談窓口はこちら